当社のオリジナルブランド「オネスティーハウス」。オネスティー(HONESTY)とは、「誠実・正直な」という意味です。
私たちは、住宅事業を通して、お客様に、地域社会に、社員に、社是である「HONESTYの精神」と「事業の社会的な責任と役割」を
心がけながら、正しい仕事で貢献をしていきます。

当社はオネスティーのこころを大切にしています。

石田屋の取り組み

オネスティーハウス石田屋の住宅は、全てのお客様へ
地域トップレベルの「品質・価格・安心感」をHONESTYの心で
提供するために、様々な取り組みをしています。

石田屋 藤岡本社・藤岡店(住まいの情報館)オープニングレセプション

藤岡市内に計画しておりました本社社屋が完成し、新たにオープン致しました。
同時に藤岡市内に点在していた旧本社や不動産賃貸店舗・モデルハウスも統合移転して、
ショールームと住宅展示場を併設した住まいの複合型店舗としてスタートさせて頂きました。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017 受賞

一般財団法人 日本地域開発センターが主催する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」において、
スマートプリーマ2020が「優秀賞」を受賞しました。
今後も優れた省エネルギー性能と、環境負荷の低減につながる長寿命住宅への取り組みをすすめ、
より多くのお客様に「省エネと断熱性能が高く生活にも負担の少ない住まい」を提供してまいります。

オネスティーハウス石田屋はZEH登録ビルダーです。

2017年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」で、
「2030 年までに新築住宅・建築物について平均で ZEH・ZEB 相当となることを目指す」こととし、
中短期工程表のKPIとして「2030年の新築住宅及び新築建築物について平均でZEH、ZEBの実現を目指す」こと、
及び「2020年の新築住宅の省エネ基準適合率を100%とし、
ハウスメーカー等の新築注文戸建住宅の過半数をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化する」ことを位置付けています。

オネスティーハウス石田屋では、2020年度のZEH受託率51%以上を目指しています。

ZEH普及目標と実績

BELS取得割合6%

石田屋の朝礼

月曜日の朝、8時と9時、部によった2回の朝礼が行われます。
挨拶実習・経営理念の唱和・職場の教養輪読・社長の講話・各部門伝達事項等が行われ、
各実習唱和はリーダーを廻して行い、チームワークや個々の向上を促します。

くらしのギャラリー オープニングレセプション

石田屋では、くらしのギャラリー(常設展示場)の新規オープン・リニューアルオープン時にレセプションを開催しています。
建築に携わった関係者を始め、会社の取引先を招いて盛大に行われます。

石田屋安全協議会

1年に1度、お取引先業者・施工協力業者さん約300人を招いて「安全協議会」を実施。
現在の住宅業界分析及び未来に向けた「高品質住宅」の研究も含め、
施工性能や業績の向上を目指し、携わる人全ての心が一つになるように勉強会を開催しています。
また、各種表彰も行っています。

社会貢献

石田屋では、地域社会への奉仕活動にも積極的に参加しています。
同時に奉仕の理想に結ばれた事業と、専門職務に携わる人の世界的親交にも協賛し、国際間の理解と親善と平和を推進していきます。

  • アジアの恵まれない
    子供たちの支援活動
  • カンボジアの
    子供たちに愛の手を
  • はしる
    水族館電車
  • チャリティー
    イベント
  • チャリティー
    イベント
  • 鬼石店閉店に伴う
    収益金寄付
  • 上毛新聞社
    愛の募金